【今月28日】「トロっとあま~いネギ料理」深谷で“ねぎまつり”が開催されます!

この記事をシェアする

f:id:nogizacarp:20180115180425j:plain

1月28日(日)、埼玉県深谷市で「深谷ねぎまつり」が開催されます!

  

深谷ねぎ」を通して『食』への感謝の気持ちを共有し、またさまざまな表現方法によりさらなる「深谷ねぎ」の魅力を広くアピールしよう!

というコンセプトのもとに一般市民が集ってつくったお祭りが「深谷ねぎまつり」です。

 

メディアの皆様へ - 深谷ねぎまつり

 

ゲストハウスしあわせの開業予定地「深谷」は、全国的ブランド「深谷ねぎ」の生産地です。

 

そんな深谷ねぎをもっと世に広めようと始められたイベントが、この「深谷ねぎまつり」。

 

 

JR深谷駅を降りてすぐ目の前にある瀧宮(たきのみや)神社で毎年1月の最終日曜日に行われています。

 

 

深谷ねぎ料理選手権」と題された大会も開かれ、全国から自慢のネギ料理を用意したお店が約30店舗出店します。

 

また、なんといっても注目して欲しいのは、この「深谷カルソッツ」と呼ばれるもの。

 

f:id:nogizacarp:20180115092733j:image

(画像は深谷ねぎまつりHPからお借りしました)

 

 

「なにこれ!?」

と思われるかもしれません。

 

これは、泥のついたままネギを直火で焼く「カルソッツ」という料理で、スペインのカタルーニャ地方というところで食べられているものだそう。

 

 

深谷ネギは白い部分が長いのが特徴で、余談ですが大きく分けて関東は白い部分、関西は青い(緑)部分をメインとして食べるようですね。

 

f:id:nogizacarp:20180115094001j:plain

深谷ねぎ

f:id:nogizacarp:20180115094011j:plain

九条ねぎ




 

で、この白い部分は糖度が高く、熱を加えるとさらに甘くなります。

 

 

カルソッツは、泥ごと表面を真っ黒に焼くことで中が蒸し焼きにされ、糖度は果物と並ぶくらい、トロ〜っと甘いスイーツのようになるのです!

 

 

これをぜひ食べてみてほしいです。

 

しあわせが開業できたら、来年の冬にこういうねぎのイベントもやりたいなと思っています。

 

深谷ネギの知名度はかなり高いですが、食べたことのない人も多いはず。

 

この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

f:id:nogizacarp:20180115180544j:plain

HOME - 深谷ねぎまつり

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

また、お会いしましょう。