「僕」について。オーナーふじっぺの自己紹介

この記事をシェアする

f:id:nogizacarp:20171212230955j:image

 

こんにちは。

 

このブログは、“ゲストハウスしあわせ”が開業するまでを綴った日記です。

 

どうぞゆっくりしていってくださいね。

 

 

このブログを書いている、“ゲストハウスしあわせ”オーナーのふじっぺです。

 

この記事では、どんな人間なのか軽い自己紹介をしていこうと思います。

 

名前

藤野将人(ふじのまさと)

 

「ふじっぺ」と呼んでいただけるとうれしいです。

 

 

年齢

18歳(高校3年)

 

清宮世代ですね。

 

出身

埼玉県

 

ねぎがおいしいところです。

 

こちらにも書いています↓

“ゲストハウスしあわせ”は埼玉県深谷市に開業します - ふじっぺのゲストハウス開業日記

 

見た目

 

身長173cmくらい。痩せ型。

 

 

プロフィールの似顔絵はあんじゅ先生という漫画家(イラストレーター)さんに書いていただいたものです。

 

ブログ↓

anman

f:id:nogizacarp:20170611051903j:plain

めちゃくちゃ美化されています

 

好きなこと

 

甘いもの

 

スイーツとか、アイスとか。

 

小さい子

 

癒されます。

f:id:nogizacarp:20170721234604j:plain

マスヤゲストハウスの看板息子“せんり”。かわいいんだこれが。

 

ブログ

 

書く行為自体もまぁ楽しいのですが、なによりこんな無名な人間に、「楽しく読ませてもらってます」「ブログ読んで〇〇してみることにしました」

と言ってくれる人がいることが本当に嬉しいし、ありがたいなと思うのです。

 

開業してからも、細々とかもしれないけれど続けていくつもりです。

 

 

一人旅

 

ペースはバラバラですが、だいたい月に1回はどこかへふらっと行きます。

 

移動はヒッチハイクで、いろんな知らない世界をつまみ食いするように味わうのが好きです。

 

その他

・音楽

最近はもっぱら井上苑子ちゃんを聴いています。声が可愛い。

せかいでいちばん

せかいでいちばん

  • 井上苑子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

いろんな人の曲が混ざってるのが嫌で、その時好きなアーティストの曲だけのプレイリストを1つだけ作り、それだけを聴きます。

 

あと、それとは別にBGMも好きです。『休み時間の過ごし方』とか、『かもめ食堂』のサントラとか。

 

・本

気が向いた本をちょこちょこ読む感じです。

 

好きな小説は『ぼくは勉強ができない』。

秀美君がかっこいいです。

 

あと、バイブルは『「また、必ず会おう」と誰もが言った』。

 

 

・広島カープ

「最近強いから、ファンも増えているよね~」と言われることもありますが、現阪神の監督がカープの4番だった頃も、赤ゴジラが首位打者を獲った頃も知っています。(わかる人にはわかる)

 

 

ゲストハウスとの出会い

 

ゲストハウス好きな方のブログを読んで、「おもしろそうだな」と思ったのがきっかけ。

 

初めて泊まったのは、日光のゲストハウス。

Nikkosan BackPackers Inn| hostel in Nikko, JapanGuest House | 日光市

 

友達と釣り目的で日光に行き、海外からのゲストとたどたどしい英語で会話したのは楽しかったですね。これは高2の5月の話。

 

 

そしてその2か月後。僕は高校の夏休みを利用しヒッチハイクで日本一周を計画しました。

 

 

ある日、岩手県から長野方面へ向かう予定だった僕は、Twitterで「誰か長野県で泊めてくれませんか」と投稿。(なぜこの時、長野県を目標にしたのかは自分でも覚えていません)

 

 

それに反応した諏訪出身の友人から、「知り合いがいるから頼んでみる」という返事をもらい、諏訪湖SAで友人に紹介された男性と合流。その方に泊めてもらう話だったのですが、

 

「うちに泊めようと思ったんだけど、学生時代の友達がやっているゲストハウスが諏訪にあるから、そっちに泊めてもらう方がいいと思った。」

 

と、車で連れて行ってもらったのが、その後僕が何度もリピートし、修行までさせていただくことになる長野県下諏訪のマスヤゲストハウスでした。

マスヤゲストハウス - 信州諏訪のゲストハウス

 

 

ゲストハウス(特にマスヤ)は、「さみしくない場所」だと思っていて、「明日からまたどうなるかわからない不安」をその時だけ消してくれる。

 

 

それが僕にとってとても新鮮に映ったのです。

 

こうやってゲストハウスに出会い、その魅力にひかれていきます。

 

 

その後、ゲストハウスを自分で開こうと思うまでの話は、長くなってしまうのでまた今度。

 

 

 

おわりに

 

なるべくミニマムに自己紹介してみました。

 

どんな人間がこの“ゲストハウスしあわせ”のオーナーなのか、少しイメージしてもらえたでしょうか?

 

その他聞いてみたいこと、質問があったら、可能な限りお答えします。

 

 

Twitter、このブログのコメント欄等へどうぞ。

 

ふじっぺ (@Fjppe) | Twitter

 

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

また、お会いしましょう。