【part4】名古屋→諏訪(続編)到着したのは午前〇時!?

この記事をシェアする

f:id:nogizacarp:20180305132558j:image

 

前回の記事はこちらから~↓

【3日目】名古屋→諏訪(?)自身最長の待ち時間!5時間で50km!? - ゲストハウスしあわせ物語

 

 

いったん前回までの状況を整理します。(詳しくは↑を読んでね)

f:id:nogizacarp:20180305172750j:image

 

9時間かけて50㎞って...自転車の方が早いやん....

 

このあたりで、この刈谷PAで夜を明かすことも視野に入れ始めるとともに、予約していたマスヤゲストハウスにも連絡。(公衆電話で)

 

 

「今日つかないかもしれません..」という連絡をいれ、キャンセル料は明日払いに行きます。と伝えました。

 

 

さて、ここからできること、それは.......

 

 

 

 

逆側のパーキングに行き、長野と逆方向に行く車を見つけること。

 

 

 

ようは、「急がば、(超超超)回れ」戦法です。(これ、当時思いついてスマホにメモってました。くるってたな....)

 

 

 

刈谷からいったん離れ、中央道に行く車がいる可能性が少しでもあるところを目指します。

 

20時。ここからいったん逆方面に行き、長野へ行く車がいそうな場所を目指します。

 

 

そんなわけで下りのPAへ(目的の逆方面)。刈谷PAは歩道橋で上下線がつながっているので、歩きで渡ることができます。

中のお店の様子も違うので、寄る際にはいろいろ見てみるのも面白いかもしれません。

 

 

下りPAのフードコートで『三重方面』とボードに書き外に出ると、同じようなボードを持った青年が2人。

 

 

大学生ヒッチハイカーでした。

2人で東京を出て来たらしく、これから大阪方面に行く車を探すそう。

 

目的地忘れちゃった...桜島って言ってたかなぁ....

 

彼らは施設前でやるとのこと。

 

僕はいつも通り、PAの出口の方に向かうので、お互いの健闘を祈ってお別れ。

無事たどり着いたかなぁ。

 

 

心身共にきつかったので、人と話せたのは気持ち的に楽になりました。

 

 

そうそう、この前にフードコートであまりの空腹と心身の疲労から、何か食べて元気出そうと思って牛丼を食べたんですが...

 

あれは人生で一番美味しくない牛丼でしたね...

 

やっぱり旅中に一人で食べるものは簡素でいいなと改めて思いました。

 

その牛丼が実際そこまで美味しくnpart1でも書いたのですが、基本僕は旅中に食べるものは簡素なものにしていて、腹ごしらえできればなんでもいいと考えています。

 

 

 

さて、話を戻します。

 

 

目指すのは三重の御在所SA。ここからなら名古屋以外に行く車がいるかもと踏みました。

出口付近に立って10分くらい。

トラックばっかり通る。

 

 

このまま大阪まで一気に乗せてもらうのも楽しそうだなぁとか考えてたら、僕を通り過ぎた20tトラックがスピードを緩めたのがわかった。

 

「やった!!」と直感的に喜んだ。

 

 

数m進んだところで停車したトラックの運転席の窓から「ちょいちょい」と手招きされる。

 

 

「三重ならすぐだけ、乗ってくか?」

 

 

 

刈谷に来て4時間半。

 

ついに、と言うべきか、あっけなくというべきか。

 

 

ーーーーー 

 

 

夜の高速道路を、大型トラックに乗って移動する気持ちよさを味わうことは、めったにはないだろう。

 

 

 

 

安室ちゃん、家入レオが流れる車内で、いつも通りの質問に(どこから来たの?、何でヒッチハイクを始めたの?、家の人は心配してないの?等)答えた後、「それなら、御在所SA(三重)はやめた方がええよ」と言われた。

 

 

運転手さん曰く、御在所SAで止まる車は、みんな名古屋かそのまま東名のほうにしか行かない。

だから御在所も刈谷も、同じような車しか止まらないと思う。とのこと。

 

 

 

ちなみに運転手さんは横浜で荷物を置いて、岡山に帰る途中。

 

 

この状況でアドバイスに従わない理由はないので、「もう少し先までお願いできますか?」と聞くと、「ええよ。そしたら滋賀の草津PAで降ろすわ。途中だし、あそこなら中央道の方に行く車はおると思う。」と快諾してくれました。

 

 

トラック運転手って、高卒とか中卒って言うイメージが勝手にある(今まで乗せてもらった方はそんな感じでした)のですが、この方は大学を出て公務員として働いていたらしいです。

 

 

でも、つまらなかった。合わなかった。

やりたくないことをやってはいけないと仕事を辞め、運転手を始めたそうです。

 

 

運転は趣味みたいなもんだから苦じゃないし、コッチ(給料)も家族を養えるくらいは貰えるからな。

今日だって昼までに帰ればいいから、疲れたら寝ればいい。楽でいいよ。

 

 

 

意図はないと思うけれど、僕にはなんだか「肩の力抜けよ」って言ってるような気がした。

 

 

 

 

そんな話を聞きながら、滋賀県草津PAに到着。

 

f:id:nogizacarp:20180305132613j:image

 

降ろしてもらったのは当然大阪方面へ行く下り。

 

 

ここから名古屋、長野の方へ向かう上り側に移動しなければなりません。

 

 

トラックの中では9割の安心と1割の不安だったものが、一気に逆転。なにせ上りと下りの間に結構距離があるのです。外真っ暗よ?

 

 

とりあえず中に入って、お土産屋の店員の女性に聞くと、「ええ!あんまりわかんないですごめんなさい!」と言いながら地図を出してわからないなりに調べてくれる。

 

めっちゃええ人…

 

 

ちなみに見ていた地図は全国道路地図みたいなやつなので、細かい行き方はほとんどわからず。

 

 

出てきたのは、「とりあえずあっちにある階段を上ると一般道に出るので、道なりにちょっと行くと橋があるので、そこを渡れば着くはずです!」という曖昧な答え。

 

でもちゃんと対応してくれて嬉しかったです。ほっこりした。

 

僕が持っていたボードを見て、ヒッチハイク頑張ってください!と激励もしてもらい、建物を出ます。

 

 

“あっちにある階段”は実は聞く前に見えていたので、探すまでもなく一般道へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………ん?俺、長野目指してるのに何で関西にいるの??

 

 

 

 

愛知 南知多を出ておよそ12時間。

 

すでに長野県下諏訪のマスヤゲストハウスで、のんびりしてるはずの時間、いま、僕は滋賀にいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はは

 

 

 

 

ははっ

 

 

 

あはハハハハッ

 

 

ハハハハハハハハッ

 

 

 

 

 

f:id:nogizacarp:20180305233320j:image

 

(ここら辺、スーパーハイテンションで沿道をダッシュして移動しました。笑いながら。

最高に楽しかったなぁ。)

 

 

 

 

 

えー、とりあえず一旦整理すると、今こんな感じ⬇︎

f:id:nogizacarp:20180305172805j:plain

 

笑っちゃうほど思いっきり逆走。

(てか、すでに笑ってた)

 

 

で、これは後でわかるのですが、下りから上りへ行く道はこんな感じ。⬇︎

f:id:nogizacarp:20180305234832j:image

(ごちゃごちゃしてごめんなさい…)

 

 

僕が走ってた一般道の方よりも高速道路の方が低いので、灯りでなんとなくPAの位置がわかり、手前の橋を渡ったのです。

 

 

 

今までの経験上、まぁすんなり入口見つかるでしょと、Googleマップを見なかったせいで、正規じゃない道を通ることになったんですね。

 

 

 

横線になってるのが高速の上を通る橋。

 

 

 

橋を渡りきり、写真の黒い矢印までの道はPAの真横に沿ってるのですが、柵があり、その先は高さ10mほどの急斜面&雑草で、降りて入るのは不可能。

 

 

 

で、なんで矢印をつけたかというと、この角を曲がるとPAの裏側をまわって入口に行けるとふんだのです。

 

(もちろん外は真っ暗なので、勘です。)

 

 

この角というのが、

 

f:id:nogizacarp:20180305235053j:image

 

え………

 

 

 

ここは入れってか?

 

 

21時半なんですけど。

 

真っ暗なんですけど。

 

 

 

 

 

f:id:nogizacarp:20180305235253j:image

 

裏からPAには入れません。

 

 

 

おいおい、

 

 

f:id:nogizacarp:20180305235340j:image

 

 

 

嘘だろ?

 

 

電灯一つ無ぇ。

 

 

 

iPhoneの懐中電灯なんて何の足しにもならないんだけど。

 

いや、前から車来た時に知らせるために必要か。

 

 

 

f:id:nogizacarp:20180305235530j:image

 

 

((ザーッガサガサガサガサ))←きっと風で木が揺れる音

 

 

 

あ〜寒っ!真冬に肝試しってか!?ハハハハ!!

 

 

 

 

だめだ、完全に頭いってる。

 

 

f:id:nogizacarp:20180305235800j:image

 

とか何とか言ってたら、PAの入口発見。

 

 

うわああああああやっと見つけたああああああああ

 

 

 

真っ暗な中歩いたあの1分程は、おそらく物心着いてから一番情緒不安定だった。 

 

書いてる今もかなりおかしい。

 

二度とあの道は歩きたく無いなぁ。

 

 

(画像はGoogleマップを使わせてもらい、ストリートビューを無理やり暗くしてます。
写真なんか撮ったら確実に何かが写ると思ったので笑)

 

 

 

 

さてさてそんなわけで草津PAに到着。

 

ここから岐阜→長野と向かう車を探すわけです。

 

 

 

コインシャワーが設置されているこのPAではトラックがかなりの数止まっていました。

 

通る車に、真っ暗な中必死でアピール。

 

車のライトで以外に夜でもボードは見えます。

まぁ、直接声をかけた方が早いことが多いけどね。

 

 

30分くらいが過ぎ、ようやく一台の車が止まってくれました。

 

 

しかし、ここで一つ不安が浮かびます。

 

「(全然手前で降ろされることもあり得る....もし、次のPAまでねって言われても正直またヒッチハイクする気力は出ないぞ.....)」

 

 

恐る恐る(?)止まってくれたドライバーさんに声をかけます。

 

「どちらまで行かれるんですか?」

 

 

「長野まで行きますよ~」

 

 

..............

 

 

 

き、きたぁぁぁぁぁああああああああああああああああ!!!!!

 

(実際に声には出していません)

 

 

 

 

 

ありがとうございます!!!!

 

 

大阪から出て、諏訪の先、長野県は野沢に行かれるというご夫婦。

諏訪まで連れて行ってもらうことになりました。

 

いや~南知多を出て苦節12時間、ここまで来て、ついに、やっと、ようやく、満を持して、到着のめどが立ちました。ほんとにうれしかった。

 

 

感謝。圧倒的感謝。

 

マスヤにも連絡し、ほっと一息。

 

 

今日の長ーい旅のことを、運転している旦那さんとお話。ネタでしかない1日だった....。

 

 

車のナビが示す諏訪への到着予定時刻は2時。

 

車は順調に、4時間の道のりを走............ると思うじゃん?

 

 

 

 

ーーーーー

(出発から30分)

 

 

 

「ん?あれは何ですかね?」

 

 

「あれは....発煙筒かな.....」

 

f:id:nogizacarp:20180305172823j:plain

「え?電光掲示板にこの先通行止めって書いてありません?」

 

 

「でも、このあたりは(乗っている)誰も土地勘ないし、下道降りるのはどうかな...」

 

 

「まぁ通行止めって言ってもそんなにかからないんじゃないですかね」

 

 

「ここはそのまま高速にいた方がいいかもね」

 

 

 

 

車は高速道路上で停車。前には数十台の車が止まっているのが見えます。

 

 

 

 

 

ーーーー

 

 

f:id:nogizacarp:20180309172328j:plain

 

 

停車から1時間

 

 

 

「そろそろかな。」

 

「ですかね~」

 

 

 

 

ーーーー

 

 

 

 

停車から1時間半

 

 

「日跨いじゃったね」

 

 

「ですね笑」

 

 

 

 

 

ーーーー

 

停車から2時間

 

 

 

「今日(すでに日をまたいでるから正確には昨日)、ここまでもかなり過酷だったのですが....」

 

 

「ここへきてまさかの最大のネタ要素が現れたね笑」

 

 

f:id:nogizacarp:20180305132630j:plain

 

 

 

(結局2時間半+動いたと思ったら直後に交通規制をするため30分の立往生でした。

ちゃんと走りだしたのは深夜2時頃。)

 

 

 

 

さすがに3時間も止まっている車内でお話したので、自分的にはご夫婦とかなり距離を縮められたと思います。

 

これからスキーしに行くんだとか、広島に住んでるからカープファンなんだとか(僕は生まれも育ちも埼玉ですが、小さい頃からカープファンです)

 

奥さんは後部座席で休んだり会話に参加したりでしたが、走り始めてからも僕と旦那さんはお互い眠気から逃げるためにほとんど途切れずに会話していました。

 

 

途中、前をゆっくり走っていた中型トラックを抜こうと追い越し車線に出たところ、

寝ぼけているかスマホをいじっていたのか、

ふらふらっとこちら側の車線にはみ出して来て思わず絶叫!&ブレーキ

 

 

危うくもう一度通行止めが発生するところでした。。

 

 

また、休憩でSAにより、夜食のそばをごちそうになりました。

 

f:id:nogizacarp:20180305132655j:plain

(中央にいるのは人形です。)



f:id:nogizacarp:20180305132648j:image

 

例の牛丼とは対照的。

 

人生で一番美味しいと感じたそばでした。

 

本当に沁みた。。。

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、草津PAで乗せてもらってからおよそ6時間半。

 

(ちなみにこれは僕が1台の車に乗っていた時間の最長記録です。今回だけで待ち時間と乗車時間、2つの記録を塗り替えました。)

 

ついに....

 

 

 

 

 午前5時。ついに目的のマスヤゲストハウスに到着。

 

 

長かった。

 

本当にきつかった。

 

何度も膝をつき、心は折れ、くじけました。

 

 

でも、着いた。

 

 

乗せてくださった方、応援してくださった方、本当にありがとうございました!!!