【2日目】名古屋でお茶して、夜は『ほどほど』へ!

この記事をシェアする

f:id:nogizacarp:20180301104047j:image

 

前日の記事はこちらから~↓

【初日】埼玉から名古屋までヒッチハイク - ゲストハウスしあわせ物語

 

 

 

さて、カプセルサウナで一夜を明かし、この日は名古屋でとある人に会います。

 

と、その前に名駅付近を散歩。

 

 

最近散歩が好きなのです。この頃冬は冬なのですが、少しずつ寒さが和らいできて、お散歩日和も増えてきています。

 

 

目的も雰囲気も気にせず、どの道を行こうと、同じところを行ったり来たりしようと、何も言われない一人散歩が好きです。

 

 

とか言ってる今日(書いている日)は風が強いので散歩はやめておきます。

 

 

f:id:nogizacarp:20180301104110j:plain

名駅

世界の山ちゃんがめちゃくちゃありました。あれ、一店舗ずつに「○○店」とつけられているんですね。数百メートルしか離れてないと思うのに。。

 

世界の山ちゃん

 

 

そんなことはどうでもいいの。散歩中はこんなことばっか考えているけれども。

 

 

 

↑あと、すごい人通りの多い交差点の脇に植えてありました。ネギが。

 

  

 そんな感じで何も考えずボケ~っと散歩。

 

f:id:nogizacarp:20180301104126j:image

 

これがいわゆる銀時計前。ここで先日も書いたとある人を待ちます。

 

知ってる人にとっては常識でしょうけど、この銀時計と、反対側にある金時計は名駅の鉄板待ち合わせ場所のようで、僕の周りにもたくさん人がいました。

 

以前ここで待ち合わせしたことがあったので、なんとなく自然とここで待つことにします。

 

 

彼は名古屋人だけど、「銀時計ってどこ?」というメッセージが来ました。まぁ迷うよね。

 

 

 

数分待って、合流。

 

一度しか会ったことないので、お互い「(たぶんそうなんだろうな...)」と思いながら近づいていきました。

 

 

彼というのは、

Entrance Part2

というブログを書いている、けいいち君です。

僕と同じ高校3年で、ブログもヒッチハイクもやっているということから、彼がブログを始めた1年ほど前からTwitter等で交流させてもらっています。とてもいいヤツ。

 

 

f:id:nogizacarp:20180301104142j:image

 

ふらふら~と歩いてカフェへ。僕が泊まったカプセルサウナのビルの1階にあるお店でした。(サウナは4F)

 

2~3時間くらいしゃべっていたのかな。

 

色々話したなぁ。。。

 

あんまりブログで書ける内容はないのだけれど笑

 

学校の話だったり、映画の話だったり、ヒッチハイクの話だったり...

 

(そういえばあれから女優さんを調べてみたけど、これといってぱっと出てこなかったな...やっぱり宮崎あおいさんになるのかな...)

 

 

 

さてさて、予定より1時間ほどオーバーして名古屋を出発することに。

 

目的地である『南知多ゲストハウスほどほど』さんは名古屋駅から電車とバスで1時間ほど、行ける限りヒッチハイクします。

 

 

ちなみに、ヒッチハイクにおいて都会はめちゃくちゃきついです。

 

車通りが激しすぎるし、停車するスペースもあまりないし、あと歩行者がいっぱいいるのはメンタル的にくるものがあります。だって聞こえてくるんだもん「クスクス」みたいな声が。

 

まぁだからってやらないわけにはいかないので、何とか少しでも道路脇が広いところを見つけ、「知多方面」と書いたボードを出す。

このときけいいち一緒です。

 

 

以外にも、30分も経ってないくらいで拾ってもらえました。もろ大工さんという服装、道具を積んだ男性。

 

ここでけいいちとはお別れ、付き合ってくれてありがとう!

 

後部座席ではしごやら工具やらが音を立てる車内で、「オーストラリアで旅をしていた」という話を聞きました。

 

 途中、「明治神宮伊勢神宮と並ぶ、日本三大神宮なんよ。」と紹介され、連れて行ってもらったのがここ熱田神宮

f:id:nogizacarp:20180301104155j:image

 

時間的に静かでしたが、逆にそれがオーラというか雰囲気を出していてかっこよかったです。

 

余談なのですが、僕はぜんぜん宗教とかわからない人間です。

 

ただ、最近「信じる」とまではいかなくても、考え方を知りたいなとは思うようになりました。

スティーブジョブズも禅に影響されていたっていうじゃないですか。

何がそこまで影響を与えたのか、というところには少し興味があります。ちょっと図書館に行ってきます。

 

 

あと、「日本三大神宮」っていろんな説があるんですね。

 

彼は「明治、伊勢、熱田」っておっしゃっていたけど、鹿島神宮香取神宮出雲大社、、等々。

 

 

と、まぁ神社の話はこの辺で、名古屋から車で30分ほど走ったところで降ろしてもらいました。

 

この道をまっすぐ行けばとりあえず南知多には着くから、とのことでコンビニと信号があるところでヒッチハイク

 

 

15分くらいかな、経ったあたりで車が止ってくれました。

 

「なんでこんなところで立ってるの。まぁいいや連れてってあげるよ。」

 

 

という感じで、同じ南知多方面に向かうという男性に拾ってもらいました。

 

 

話していると、何やら建築関係の仕事をしていて、近いうちにAirbnbで民泊をやろうと考えているんだそう。

 

これから行くのがゲストハウスで、自分もゲストハウスをやろうとしている、という話をすると、

何それおもしろそう。俺も見に行きたい。ということで『ほどほど』さんまで連れて行ってくれることに!

 

知多半島を縦断する知多半島道路を、18時ごろ、暗い中進みます。

 

高速とはいえ、まわりが街灯一つないような森で、これからどんな田舎に行くんだと内心びくびく...帰れなくなりそうだなぁ。

 

 

19時過ぎくらい、『南知多ゲストハウスほどほど』に到着。

 

荷物を降ろし、チェックインを済ませると、さっそく夜ご飯。

 

ゲストさんで1品持ち寄りご飯会だったり、作ってくれたり(+料金)するようです。

 

この日はパエリア、みぞれ鍋(雪見鍋だったっけ??)、いわし(?)の梅煮、鮭の塩焼き等々、すごく豪勢な食卓。

 

というか、記憶力弱すぎないか自分

 

 

f:id:nogizacarp:20180301104208j:image

f:id:nogizacarp:20180301104213j:image

 

ご飯を食べながら自己紹介をしたり、僕のゲストハウスの話をさせてもらって、宿主の“こっすーさん”(写真左)、女将の“ななさん”(写真左から2番目)にもアドバイスをいただきました。

これについては別記事に書こうと思います。

 

 

『ほどほど』という宿自体についても別記事で書こうと思うので、今回はこの辺で。

 

 

お風呂に入り、こっすーさんおすすめの漫画と、カフェでけいいちにもらった『阪急電車』を寝室で読む。

 

 

阪急電車 (幻冬舎文庫)

阪急電車 (幻冬舎文庫)

 

 

 

布団だけど、この日部屋は僕一人だったので、スタンドライトをつけてゆったり本が読めました。

 

 

畳は最近新しくした、と言ってましたが、それ以外はほんとにそのままというようなお家で、まさに「田舎のおばあちゃんち」のような宿。

 

 

ゲストハウスはベットもいいけど、布団もまた良さがあるなぁ...

 

 

 

そんなこんなで、次に続きます。

 

読んでくださりありがとうございました。

 

また、お会いしましょう。