ゲストハウスしあわせ物語

現在高校3年のふじっぺが、“ゲストハウスしあわせ”を開業するまでを綴った日記です。

   

「人は人が喜ぶことをしたときに、自分も同じ喜びを得ることができる。」

子供の頃、親の肩をもんであげると、すごく喜んでくれました。

あれって、なんだかこっちもうれしかったですよね。

最近は、自分の行為が誰かを喜ばせていると感じる瞬間って、あまりないと思うのです。

あの時のように、あなたにしかできない“ほどこし”が、誰かを笑顔にする喜びを感じるばしょ。

そんな想いで、ゲストハウスしあわせはつくられます。

   

しあわせについて、詳しくはこちらへ。

ゲストハウスしあわせのロゴ案

この記事をシェアする

f:id:nogizacarp:20180126224313j:image

 

 

 

f:id:nogizacarp:20180126222416j:image 

 こんな感じ!!

 

 

『縁(円)が繋がる』、『丸いちゃぶ台をみんなで囲む様子』みたいなイメージで作ってみました。

 

 

 

ちなみにこれはスマホアプリで無理やり作ったものなので、デザイン云々の前に、クオリティは低めです。

 

 

 

イメージはぴったりだと思っているのですが、いかんせんセンスがあるとは自分では思えません。

 

 

 

学校の授業中とかに紙にコソコソ書き続けてきましたが、もうこれは誰かに頼んだ方がいいのか…とも思えてきます笑

 

 

 

 

あ、そうそう、これ以前にボツになった案としては、

 

『旅であった人に1人1文字ずつ書いてもらう』

というものがありました。

 

 

誰にためにも開かれていること をイメージしたのですが、

 

「ロゴが完成した後に出会った人はどうするの?」という問題を発見し、ボツに。

 

 

 

 

うーむ、本当に外注しようかな…

 

こういうときディテールにこだわってしまうタイプだからめんどくさい笑。

 

 

さて、本日は短いですがこの辺で。

 

また、お会いしましょう。