ゲストハウスしあわせ物語

現在高校3年のふじっぺが、“ゲストハウスしあわせ”を開業するまでを綴った日記です。

   

「人は人が喜ぶことをしたときに、自分も同じ喜びを得ることができる。」

子供の頃、親の肩をもんであげると、すごく喜んでくれました。

あれって、なんだかこっちもうれしかったですよね。

最近は、自分の行為が誰かを喜ばせていると感じる瞬間って、あまりないと思うのです。

あの時のように、あなたにしかできない“ほどこし”が、誰かを笑顔にする喜びを感じるばしょ。

そんな想いで、ゲストハウスしあわせはつくられます。

   

しあわせについて、詳しくはこちらへ。

【近況報告】「ビジネスってなんだ?」

この記事をシェアする

f:id:nogizacarp:20171218223657p:image

 

同級生が受験勉強をしている傍ら、マーケティング、事業計画、プレゼンなんかを学んでおります。

 

 

お金をどうやって集めるかとか、どうやったら人に伝えられるかとか。

 

 

 

学んでいくと、

 

アイデアがあって、

それを練って、

人に伝わる形にして、

伝えて、

共感してもらって、

お金をもらって、

 

 

人を喜ばせる事で、自分も幸せになる。

 

という流れに気づきました。

これは“ほどこし”の考えと同じ。

 

 

~ほどこし~『3時間業務をお手伝いすれば、一泊タダになる』システムを作ります - ふじっぺのゲストハウス開業日記

 

 

ある漫画のセリフなのですが、

 

そんなつもりはなくても人はね、

 

誰かに“生きる勇気”を与えるために生きているのよ。

 

誰かに勇気をもらいながら。

 

という言葉があって、「あぁまさにこれだ」と思ったのです。

 

 

そして今学んでることも一緒に考えると、『ビジネス』もある意味『生きること』と同義なのかなって思えて来ました。

 

 人を喜ばせる→自分も豊かになる

 

 

この連続がビジネスであり、『生きること』なんでしょうね。

 

うん。そういうことにしとこう。

 

 

 

とても今伝え方を学んでる人間が書いたとは思えない記事でしたが、

まぁ日記だし……ね

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

また、お会いしましょう。