ゲストハウスしあわせ物語

‶ゲストハウスしあわせ” 埼玉県深谷市にこの夏OPEN予定です

旅の想いが、巡り会う宿。

 

ゲストハウスしあわせは、今年夏にオープン予定のゲストハウスです。

   

場所は、埼玉県深谷市。

   

このブログは、オープンを目指すオーナーの奮闘記であり、物語です。

   

どうぞ、ごゆっくりしていってください。

   

あなたとの“仕合せ”を嬉しく思います。

   

いつかまた、宿でお会いしましょう。

【埼玉→愛媛】地域と生きるゲストハウス開業合宿in内子晴れ に参加してきました!

この記事をシェアする

f:id:nogizacarp:20180325235841j:image

 

先日、NPO法人アースキューブジャパン主催の、「地域と生きるゲストハウス開業合宿」なるものに参加してきました。

 

about us | アースキューブジャパン

 

 

期間は2泊3日。

 

この合宿の卒業生でもあるオーナーが営む、愛媛県内子町にあるゲストハウス 内子晴れさんで行われました。

 

古民家ゲストハウス&バー 内子晴れ|愛媛県内子町 - Hostel & Tatami Bar UCHIKOBARE

 

 

講師は、アースキューブジャパン代表の中村功芳さん

 

NPO 法人アースキューブジャパン代表理事
古民家活用、地域おこし協力隊のメンター、DMO やインバウンドに関する講演やセミナー等全国で活動している。 日本の地域や行政と連携、協働企画を行う。主催する「地域と生きるゲストハウス開業合宿」「地域で生業をつくる合宿」では、全国で開業した人が100名を超え、全国モデルになるまちづくりの拠点や生業を排出、成功率が最も高いといわれる合宿をプロデュース。自らも、地域活性化のため、空家を活用してカフェやゲストハウスの運営を始め、 わずか 3 年で世界 52 カ国、3 年間で 120,000 人以上が集まる地域発信の拠点へと成長させ世界に発信した。この取り組みが注目され国内や海外からも取材を受け、世界最大級の旅の祭典、ツーリズム EXPOジャパンにて2015年観光庁長官からその取り組みを表彰される。

 

https://earthcube.jp/2018/03/18/24thguesthouseseminar/より引用させていただきました)

 

 

 

会場は愛媛ということですが、前々日に高校の卒業式があったため、ヒッチハイクは断念し飛行機で。

 

(頑張ればいけるかもだけど、遅れるわけにはいかないからね)

 

 

 

修学旅行を除くと、初めての飛行機。

 

f:id:nogizacarp:20180325112521j:image

 

成田→松山

 

機内に入ってチケットをみせると、「1番の通路側ですね」って言われて、“通路側”が聞き取れなかったから、

 

「(15番とかならわかるけど、1番っていうと縦列?横列?どこ??)」

 

って戸惑ってたらCAさんに「ここです!」って目の前の席を指さされた。

 

 

というわけで僕の初一人飛行機は、一番前。

 

 

足すごく伸ばせるよ!でも小物置くところないよ!

 

 

そんなわけであっという間に松山。

 

f:id:nogizacarp:20180325113655j:image

f:id:nogizacarp:20180325113719j:image

空港にあった

 

f:id:nogizacarp:20180325113733j:image

空港から駅までは歩きだと結構あるので、ヒッチハイク

 

すぐ近くに住んでいるというご家族に乗せてもらい松山駅まで。

ありがとうございました^ ^

 

 

ちょっと街を歩き、チェックインまで時間があったのでマックでブログを書いていました。

 

式を終えて。今までのこととか。 - ゲストハウスしあわせ物語

 

 

f:id:nogizacarp:20180325113752j:image

今回泊まった、ゲストハウスカサブランカさん。

 

宿主さんが持っているというアパート(マンション?)の8階を改装して宿にしているそう。

部屋が4つ程あって、それぞれにキッチン、寝室、談話室、シャワートイレ、があるという感じ。

 

f:id:nogizacarp:20180325113759j:image

8階だから眺めいい。

 

部屋はこんな↓

f:id:nogizacarp:20180325115056j:image

f:id:nogizacarp:20180325115008j:image

f:id:nogizacarp:20180325115021j:image

 

僕は会えなかったのですが、一緒に泊まっていた方の話によると、オーナーさんは『交流してほしい』という思いは強いそうです。

 

ごあいさつ|愛媛県松山市のゲストハウスならカサブランカ【GUEST HOUSE CASABLANCA】

 

f:id:nogizacarp:20180325115521p:image

↑海外の方も多いそうなので、こういうのはいいですよね。

 

ただまぁ、個人的には、

 

・泊まる部屋が本当にアパートの1室

・スタッフ用の部屋があり、基本的には違う部屋には来ない

 

 

というところが(本当に個人的に)好みではないところかなと思いました。

 

 

もちろんゲストハウスなので、その日一緒に泊まる人がどんな人かは運に左右されるのが当然なのですが…

 

 

かといって、一人でゆっくりに向くかというとそうでもなく、

 

・6畳くらいの部屋に2段ベッドが3つ

・ベットにカーテン無し(これは結構大きい)

 

という感じで、

交流したいとなると難しく、1人でゆっくりならネカフェやカプセルでいい?となってしまう感じでした。

 

 

ただ、3、4人以上のグループで泊まる場合はとてもオススメだと思います。

 

そもそも駅から歩いて2分ほどの好立地。

 

コンビニ、デパート、ドラッグストア、松山城も歩いていける範囲にありますし、ちょっと足を伸ばせば道後温泉にもアクセス可能です。

f:id:nogizacarp:20180325113820j:image

f:id:nogizacarp:20180325113832j:image

f:id:nogizacarp:20180325114004j:image

 

さらに部屋が細かく区切られているので周りの目もあんまり気にせず内輪で盛り上がることができます。

 

設備はかなりちゃんとしてますし、なんというか友達の家に集まって泊まる感じを味わえるのではないでしょうか。

 

 

いれば自然と輪ができて、みんなで飲んだりのんびりする、いわゆる交流型ゲストハウスだと、

3.4人以上のグループは内輪で固まり、例えばキッチンを占領するような形になったり、話していて他のゲストさんが部屋に入りづらい、なんてことが起こったりします。

 

(それにいちいち苦言をもらすようなゲストさんはほとんどいませんが)

 

 

なので、「安く観光したくて、かつ他の人に迷惑かけずに友達同士でワイワイ部屋で飲んだりしたい」みたいなケースにすごくマッチしている気がします。

 

 

 

 

(………すっごい上からで嫌だなぁ)

 

 

ちなみに、オーナーさんはすごく個性的で面白そうな方なので、どっかの機会でまた遊びに行ってお話ししたいなぁ〜なんて思ってます。

 

愛媛か〜遠いな〜笑

 

 

 

さてさて、ゲストハウス評が長くなってしまいました。

 

 

カサブランカさんに1泊したのち、一緒に泊まった京都からお越しの方とお別れして電車で内子に向かいます。

 

 

雨なのと、内子までの道中がかなりの田舎なので、電車。1時間半くらいかな。

 

f:id:nogizacarp:20180325143529j:image

可愛いワンマン列車に乗って。

 

 

↓内子駅

f:id:nogizacarp:20180325143823j:image

f:id:nogizacarp:20180325143842j:image

 

f:id:nogizacarp:20180325145348j:image

↑ゲストハウス内子晴れ さん

 

10:30受付、11:00から開始です。

 

 

今回集まったのは、

 

松山

松山

岩手

岩手

大阪

埼玉

 

から6人!

(うち、松山の方は1人初日のみの参加、岩手からのお二人は一緒に宿を作っています)

 

少数精鋭で、より濃い合宿に。(としか僕にはいえませんが、募集6人という数字はもっと深く考えられているはずです)

 

年齢は下は18から上は還暦まで。

(ちなみに僕は今までで最年少参加者のようです。まぁ…そうだよね…)

 

 

実はSNSでは言わなかったのですが、結構前からこの参加は決まってました。

 

すでに20回近く行われ、日本で一番開業率の高い合宿と言われているそう。

 

 

講師の中村さんは、岡山倉敷の超有名ゲストハウス『有隣庵』の創設者であり庵主を務めていました。

 

 

その豊富すぎる経験からヒントを得るため、たくさんのゲストハウスに興味を持った方が全国から集まるわけです。

 

 

実際参加してみて…すごかったです。

 

もっと固いというか、合理性、論理性を詰めたものだと構えていましたが、全然違った。

 

 

というか、中村さんの雰囲気が意外にもすごくゆるかったです。

 

 

お茶目というか…とにかく気張ってない感じが、たくさんの人を集めているのでしょう。

 

 

内容はほとんど言えませんが、ざっくりいくと、

 

・どんな宿にしたい?

・どんな街にしたい?

・ゲストハウスの本質とは

・どんな人に来て欲しいか

・失敗例から、「続くゲストハウス」を考える

・具体的な収支について

・開業までのスケジュール

 

などなど…

 

 

それぞれが持っている疑問、課題を一つずつ解消して行く、誰かの課題をみんなで考える。

 

 

実際の時間は、「お昼前から夕飯まで」というスケジュールなのですが、参加者みんな朝早くから、ご飯の最中、消灯の時間まで、ずーーーーっとゲストハウスの事ばかり考えていました。

 

 

f:id:nogizacarp:20180325215402j:image

f:id:nogizacarp:20180325215414j:image

f:id:nogizacarp:20180325215631j:image

f:id:nogizacarp:20180325215659j:image

f:id:nogizacarp:20180325215712j:image

f:id:nogizacarp:20180325215724j:imagef:id:nogizacarp:20180325215733j:imagef:id:nogizacarp:20180325215822j:image

f:id:nogizacarp:20180325220333j:image

 

あっという間の3日間。

 

本当にずっとゲストハウスの事を考えていました。

 

「どんな人に来て欲しい?」

「どうやったら、住んでる人にも喜んでもらえる?」

「自分が幸せになるゲストハウスって?」

 

みんなの頭で今まで漠然としていた“りそう”、“こんせぷと”が、言葉になり、数字になっていく。

 

 

そんな過程を共にして来たので、みなさんのつくるゲストハウスが今からとてもとても楽しみです。

 

 

そして、このゲストハウス開業合宿のその先も楽しみ。

 

 

いつか“しあわせ”で開催できたらなぁ…なんて思ってみたり。

 

 

次回の受付はこちら↓

earthcube.jp

 

この後にも少し旅は続きましたが、つづきはまた。

 

 

今回も本当にたくさんの方にお世話になりました。

 

ゲストハウス内子晴れのみなさん、アースキューブのお三方。

合宿中のご飯は僕の分を参加者のみなさんでカンパしてくださいました。

 

また、この後の旅は、大阪まで帰るという参加者の男性が車で広島まで連れて行ってくださったり、ある方には「この後の宿泊費の足し」を頂いてしまったり…

 

 

 

合宿中、自分の宿を作る理由、理念、原点として語ったのは、

 

「もらった優しさを、次にまわす」

 

ずっと言い続けて来た事。

高校時代に学んだ、一番大切な事。

 

 

でもさ…

 

そろそろ一生かけてもまわしきれなくなってないか???

 

 

そろそろ返済…もとい…借用?違うな、それじゃ対義語だ、

 

とにかく、まわす側にまわらなければ。。。

 

 

あっ、ちがっ、狙ったわけじゃないっす、ほんと。

 

 

でも、ほんとに、もう学生でもなくなりましたし、それこそゲストハウスを始めたら、もらい続けていたらいけないのです。

 

 

今も人に甘えているわけではないけれど、世話になるのも大事ってわかるけど、なんというかこう……ね、

 

 

うーんこの辺の答えはまだ出ないな。

 

 

こんな悩みだって、経験させてもらっている事。

 

毎日毎日頭使って、キャパ小さいからすぐいっぱいになって、本質を見失って、動けなくなって…

 

人の生き方、言葉に救われて、ってどこなのか教えてもらって、そっちに向き直して、また進んで……

 

 

 

別にそうしなくてって生きていける。

 

目標もなく大学にいって、もうちょっとゆっくりする事だってできる。

 

別に僕がどう動こうが、どう生きようが、地球は変わらずに回るんだよ。日はのぼって沈むんだよ。何かの歌詞みたいだよ。

 

とにかく、人生に意味なんてないんだ。それはきっとほんと。

 

 

 

でも、意味ない事は存在しないのも、多分ほんと。

 

あの時の経験が〜とか、高校卒業してすぐおじさんみたいなこと言うのもあれだけど、全部意味がある。

全ての出会いは起こるべくして起こって、全部全部のおかげで、僕がいる。この世界がある。

 

 

なんか、すごい。

 

そう考えたら、もう今死んでもいい!!悔いない!!」とも思うし、もっと生きたい!!楽しみたい!!」とも思う。

 

 

いつの間にか変なスイッチ入ってしまいました。。

 

 

 

まとめよう、、そうだな…当面の目標は、たくさんたくさん優しさをもらって、それを返して、次の人にまわして、そして次は僕を介さなくてもそんな循環が、“仕合せ”が起こって……

 

ゲストハウスしあわせが、そんな場所になるように。

 

それが僕にまわってきた想いかな。

 

それをまわす道具、場所、きっかけに、ゲストハウスしあわせをしていけたらと思っています。

 

 

焦らず、あわてず。

 

 

さらなる“仕合わせ”があった先に、“しあわせ”ができるのかな。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

「頑張る!」っていうのはちょっと違うかな。

 

歩いて、進んで、見つけたものを拾って、つなぎ合わせて、できるもの。歯を食いしばっていたら、疲れちゃう。

 

 

それでは、

また、お会いしましょうね。