ゲストハウスしあわせ物語

現在高校3年のふじっぺが、“ゲストハウスしあわせ”を開業するまでを綴った日記です。

   

「人は人が喜ぶことをしたときに、自分も同じ喜びを得ることができる。」

子供の頃、親の肩をもんであげると、すごく喜んでくれました。

あれって、なんだかこっちもうれしかったですよね。

最近は、自分の行為が誰かを喜ばせていると感じる瞬間って、あまりないと思うのです。

あの時のように、あなたにしかできない“ほどこし”が、誰かを笑顔にする喜びを感じるばしょ。

そんな想いで、ゲストハウスしあわせはつくられます。

   

しあわせについて、詳しくはこちらへ。

ゲストハウスを立ち上げる原点は、『今夜寝る場所がない、孤独と不安』

この記事をシェアする



このブログは、18歳の高校生がゲストハウスを開業するまでを綴る日記です。


2記事目は、“なぜゲストハウスを立ち上げようと思ったのか”についてを書いていきます。



それは、高校2年の夏。

ヒッチハイクで日本を旅していた時のことです。




初めて来た、知らない街。

Tシャツ短パンの、“何者でもない”若者に向けられる人々の目は、決して温かいものではありません。

夕陽は、容赦無く沈んでいきました。



今夜泊まる所がない…

孤独と、不安。


あの淋しさは、忘れません。




17歳にとって夜の都会は、新鮮な楽しさよりも恐怖の方が強いです。

23時以降の徘徊は補導対象になりますし、入れるお店も制限されます。


“どこにも、気が抜けるばしょがない”


そこにいる、その人なりの理由は、この世界にはいらない。




そんな街に、恐怖と疑問を抱きました。




“こんな世界は、つらい”




“本当の意味で、誰もが気が抜けるばしょを作ろう”



これがこの宿の原点。


そして、この“想い”を回して行くこと、繋いで行くことがこの宿の本質であり、存在意義です。



簡素な文ですが、原点というのは、たくさんの言葉を使って表現するものではないと思うので、これくらいに。






読んでくれてありがとうございました。

また、お待ちしていますね。